So Be It

見た映画の感想。時にネタバレを含んでいますのでご注意ください。

レディ・ガイ (The Assignment)

 映画のタイトルには「Revenger」とあって、それが一番しっくりくる内容だと思ったのだけれどもImdbは「The Assignment」となっていた。

レディ・ガイ(字幕版)

レディ・ガイ(字幕版)

  • ミシェル・ロドリゲス
Amazon

 

 

  腕利の殺し屋フランク・キッチンは身内を殺された恨みを持つ整形外科医レイチェルの手によって意識を失っているうちに性転換手術をほどこされてしまう。

 

 フランクの独白と精神鑑定医とレイチェルの会話とで話が進んでいくので、最初はコメディにするつもりかとも思ったのだけれども、無理矢理身体を変えられたフランクの心の痛みが結構ストレートに伝わってきて、これはコメディではないなとはっきりくっきり。

 フランクは深刻なレイプを受けたわけだから、これはいわゆるレイプ・リベンジ・ムービーということになるのかと。

 ミシェル姐さんのワイルドな感じもいい具合に手伝って女性の体となっても男のフランクを感じさせるのに成功していたというか。 姐さんどっちでもとってもかっこよかったし綺麗だった。

 

 男の身体としての前からのショットが頭から下が他の人の体と合体させたと思われるCGで、かなり違和感があったのだけれども、腕とか背中の筋肉とか鍛えているだけあっていい感じにどっちにも受け取れる感じで良かったんじゃないかと。

 

 たまたまその後で見た「ブラックリスト」S7のエピソードが中絶禁止法でレイプ犯の子供を中絶できなかった女医がその法案を支持した政治家や聖職者に子宮を移植して妊娠させるという話で。自分の身体に他人の意思を押し付けられることの残酷さ悍ましさみたいなものに改めて震撼としつつ。

 

 トランスジェンダーに対する差別?という議論もある様子。

www.filmcomment.com

Interview: Walter Hill Talks The Assignment and Making Genre Movies His Way

 

 

www.indiewire.com

 

確かにみながらこれは大丈夫なのかなと思いもしたけれど、でも自分が認識する性と異なる体に入れられた時の苦しみを描こうとしているわけだから、意図としてはトランスジェンダーの人たちの苦悩を汲み取ろうとしたのかなと解釈できないこともない気はするけれどどうかな。

先日ネトフリで「Disclosure」というトランスジェンダーの人たちがどのような偏見や差別に苦しんできたかを語るドキュメンタリーを見たところなので、悩ましいところ。でもこうして考えたり議論するきっかけをくれたわけだから...とも思うし。

f:id:Miyelo:20210523141410j:plain

 

私の好み度: ⭐️⭐️/5

🍅:  34%

www.imdb.com