So Be It

見た映画の感想。時にネタバレを含んでいますのでご注意ください。

おいら殺戮マシーンになる

私は基本的に虫が大嫌いだ。

理屈抜きに怖い。

しかし、怖いと言ってられない瞬間が人生にはどうしたってある。

f:id:Miyelo:20210509185147g:plain

例えばGと戦う時。

例えばバラの蕾を食い荒らす奴らと戦わねばならぬ時。

この時ばかりは標的の死体を確認するまで追及の手を止めることはできない。

殺し損ねて遺体が確認できない時の不安感たるやない。

そんな殺伐としたことを考えていると、ついつい映画の殺し屋や戦場の兵士ってこんな気持ちなのかしらと思ったりもする。

f:id:Miyelo:20210509184701g:plain

怖いので一応執行猶予期間は与えるのだ。

見てない間にどこかに行ってしまてくれるならば....。

しかし、2度目はない。

まだそこにいたらやる。

やるしかない。

とはいえ、本当にいやなのだ。

f:id:Miyelo:20210509185923g:plain

夏の終わりになると、時々終末を迎えたセミが転がり込んでくることがある。

ここを死場所に選ぶのはやめてくれよと思う。

ひっくり返っている場合、長い棒を使ってどうにかして表に返してみる。

これもめちゃくちゃ怖くて嫌なのだ。

苦しまずに殺してやるのが正解なのかもしれないが、それはそれで怖いのだ。

表にひっくり返して、家に逃げ込んで。

f:id:Miyelo:20210509190649g:plain

翌日になって、忽然と消えている時がある。

まだ飛べたんだと驚く。

虫も生きたいんだなと思う。

思いながら殺虫剤を手に取り、息の根を止めにいく。

平気で虫に触れる人にはなかなかわかってもらえない。

むしろ軽蔑される。

しかし、怖いものは怖いのだからしょうがない。

でももしも平気で触れるようになるくらい慣れれば殺さずに済むなぁ....。

つまんでポイと敷地外に出せばいいわけで。

f:id:Miyelo:20210509190550g:plain

うーん。

これも慣れか。

慣れればできるのか。

恐怖心の克服が平和への第一歩。

僕はもっと強い人間になりたい。

芋虫だろうが蜘蛛だろうがGだろうが平気でひょいと掴める強い人間に。

f:id:Miyelo:20210509190011g:plain

そう考えるとやっぱり怖いから暴力的になるんだなとか思ったりする。

どうなんだろう。

f:id:Miyelo:20210509190815g:plain

昨日頑張って殺したのにまた蕾のそばにニョロりんといた。

鳥ちゃんが食ってくれればいいのによと思いながら。

それともいっそ成長を見守ればいいのか?

いやそれだとバラちゃんに申し訳なかろう。

3鉢1000円の格安ミニバラだけれども、こちらも頑張って生きてくれているんだ。

f:id:Miyelo:20210509185836g:plain

ああもおー😞

しっかり仕事してくれ虫コナーズ。

と言うわけでまた殺虫してきます。

f:id:Miyelo:20210509190222g:plain