So Be It

見た映画の感想。時にネタバレを含んでいますのでご注意ください。

スヌープ・ドッグが「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー 」を観たという話

 スヌープ・ドッグがデンゼル・ワシントン監督・出演作品「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー 」を初めて観たらしくストーリーに興奮醒めやらぬ感じで感想をアップしていたので、ついつい嬉しくなってここに書いてます!(だって記録と記憶に残しときたいじゃないですか!)

f:id:Miyelo:20210501150315j:plain

 「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー (Antwone Fisher)」というのはデンゼル先生が監督・出演した映画で、映画もすごくすごく沁みるんですが、その映画ができるまでの過程もいい話に満ち満ちた映画なんですね!

 詳しくはこちら

miyelo.hatenablog.jp

 

で、スヌープ・ドッグなんですが、

スヌープ・ドッグがデンゼル・ワシントン監督の「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー (Antwone Fisher)」を初めて見たらしく、「こんなの見たことない!めちゃくちゃいい映画だぜっ!!!」と感極まった感じでストーリーに投稿していたんですよー!!!

f:id:Miyelo:20210501122143j:image

  見終わった直後だったのかもううるっとなりまくっていて!

もうその気持ちわかりすぎると!!

デンゼル先生の見守る眼差しの優しさというか気持ちを感じてもうなんだかたまらない気持ちになるっていうね!

 こんな時はデンゼル先生にいてほしいと思っちゃう筆頭頭な映画です。

 これを見て気持ちが救われた人はきっと数知れないはず。

 誰にも手の届かないような微妙な気持ちの痛みをそっと汲み取ってくれるところとか感じる瞬間があって、もうそうなったら「あああああ😭デンゼル先生、存在してくれてありがとおおおお」という気持ちになりまくるわけです!!!(←ちょっと落ち着け)

 

 デンゼル先生ついでに、もう一つTLにデンゼル先生絡みのポストがあったのでペタリ。

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Lenny Kravitz (@lennykravitz)

このレニー・クラヴィッツというミュージシャンさんはデンゼル先生とデンゼル先生の出演映画マラソンをしたことがあるそうで、見た作品が「John Q」,「 Man On Fire」, 「Malcolm X」, 「Hurricane」で、デンゼル先生の生コメンタリー付きですってー!!!

デンゼル先生のコメンタリー特典なんて円盤にもついてないのに羨ましすぎるー!!!

 

と、ご本人が一歳SNSをやられないだけに、インスタのTLにデンゼル先生が登場するととても得した気分になるのでありました!

 

あ、この間スパイク・リー監督もアップしてくれていたんでした!

ついでにペタリ!

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Spike Lee (@officialspikelee)

 

ちなみにスヌープ・ドッグがポストしていたのはこのあたりのシーン。  

Jerome: You're upset with them because you feel they didn't come to your rescue. Maybe they didn't know.

Antowone: How could they not have known?

Jerome: That's a question you need to ask them. "Regard without ill will despite an offense." That's Webster's definition of forgiveness.

Antowone: Why do I have to forgive?

Jerome: To free yourself... 

 

アマプラで見られますー。有料ですが。

A.Q./アントワン・Q・フィッシャー・ストーリー (字幕版)
 

 

 やっぱりデンゼル先生大好きだー!!!