So Be It

見た映画の感想。時にネタバレを含んでいますのでご注意ください。

Dope / ドープ! (Dope)

Hip-Hop hooray, hey, ho-!

Dope/ドープ!! (字幕版)

Dope/ドープ!! (字幕版)

  • 発売日: 2017/01/06
  • メディア: Prime Video
 

 と、とりあえず叫んでおく。

 

 

言葉にするのが難しいのだけれども、強烈に面白かった。

 I hear you,I feel you, I respect you的なインパクトと爽快感。

 

主人公はギークな3人の高校生。

麻薬の売人、ドラッグ、銃撃戦などなどがとっても身近にある地域で暮らしているけれども、それらをうまくかいくぐって楽しい高校生活を送っている。

ギークなだけにいじめられたりバカにされることもあるけれども、3人は変わらずギークだし、大学に進学してこの界隈から脱出することを目標としている。

 ドラッグやギャング、暴力とは無縁でここまで過ごせていた3人ではあったけれども、彼らの生活の中に簡単にそれらはいとも簡単に入り込んでくる。

 

A daily navigation between bad and worse choices.

 

その中でどうやって生き延びるのか。

ただ生き延びるのではなく、自分らしく生きていくのか。

 

Menace II Society」と「Boyz N The Hood」をGeek目線で描き直してみた感じというか。

 全員が好んでギャング入りするわけでもないし、むしろどうにかこうにかそこをすり抜けたいと思っている。なんというかかなり近しい感覚というか視点で「Menace II Society」 と 「Boyz N The Hood」な世界を垣間見られるような。

 

 加えて自分がその立場にない時、それをどんな風にそれを受け止めればいいのか、この問題に立ち向かう時、本質的なものを見失わないようにするにはどうすればいいのか、そういったヒントももらえるような。

 

 見方は千差万別。

 考え方も感じ方も千差万別。

 そういったことを踏まえた上で、コアを感じとる心得というか。

 

 問題を埋没させず、さりとてそれにがんじがらめに縛られることもなく。

 そうありたいと思う自分や世界に近づくことを諦めないでいようというような。

  Something like that ということで。

 

 

 ラキース・スタンフィールド出演作品攻略一環での視聴でしたが、この映画では「いじめっこ」の役。

f:id:Miyelo:20210415151937j:plain

 特に出番も多くないんですが、主人公のマルコムがお金の入ったカバンを彼から取り返そうとする時、なんとも言えない印象的な表情をする。

 ”ほらお前もそうなったじゃないか”という嘲の笑みのようでありながら彼も結局お馴染みの坂を転げていこうとするのを悲しむような。

 ほんの一瞬なんですがめちゃくちゃ印象に残りました。

 

Let me tell you about two students.

Student "A" is a straight-A student who lives in the suburbs of Los Angeles.

He plays in a punk band with his best friends.

He loves to skateboard and ride on his BMX bike.

His favorite TV show is Game Of Thrones and his favorite band is The Thermals.

He's a '90s hip-hop geek.

Student "B" goes to an underfunded school... where teachers who would rather not be there... teach kids who really don't care.

He lives with a single mother, doesn't know his father and has sold dope.

Now close your eyes.

Picture each of these kids and tell me what you see.

Be honest. No one's going to judge you.

Now open your eyes.

So, am I student "A" or student "B"?

Am I a geek or a menace?

For most of my life, I've been caught in between who I really am... and how I'm perceived, in between categories and definition.

I don't fit in. And I used to think that that was a curse, but... now I'm slowly starting to see... maybe it's a blessing.

See, when you don't fit in, you're forced to see the world from many different angles and points of view.

You gain knowledge, life lessons from disparate people and places.

And those lessons, for better or worse, have shaped me.

So, who am I?

Allow me to reintroduce myself.

My name is Malcolm Adekanbi.

I'm a straight-A student with nearly perfect SAT scores.

I taught myself how to play guitar and read music.

I have stellar recommendations and diverse extracurricular activities.

I am a Google Science Fair participant, and in three weeks, I helped make over $100,000 for an online business.

So, why do I want to attend Harvard?

If I was white, would you even have to ask me that question?

 

 

www.npr.org

 

directedbydamour.com

 

エンディングがめちゃくちゃ良かったので!

Dope The Movie (2015) Ending Credits Dance Moves from Jearper Gaming on Vimeo.

 

ちなみに記事の最初で叫んでいた"Hip Hop Hooray"はこれ↓

 

私の好み度: ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️/5

🍅: 88%

 

www.imdb.com