So Be It

見た映画の感想。時にネタバレを含んでいますのでご注意ください。

Mystery Solved!!!

間違えてYouTubeを開いてしまったら、この動画がたまたま目に入りまして。

 

おおー、ウィル・スミスとマーティン・ローレンスだー💗と。

 

そういえば「Bad Boys 3」まだ見てなかったゾーと思い出したりしつつ、最近マーティン・ローレンスへの好感度が自分の中で跳ね上がっていますので、ついつい再生ボタンをポチり。

 そうか。これってまだコロナ禍に入る前のことだったんですねぇ。

ギリギリ間に合ってラッキーだったよなぁとか。

エディ・マーフィが「星の王子2」のメンツでスタンダップライブをやるつもりだったのにコロナ禍でできなくなったと話していたので余計に「よかったよかった」とほのぼのニコニコしながら見ていたんですが、途中で元々マーティン・ローレンスがウィル・スミスに「Bad Boys」をやらないかって声をかけてきたって話しているところが出てきて「へー」ってなって。そして、LAのプレミアのところでウィル・スミスが、「彼が元々のBad Boysだよ!」とJohn Lovitzという俳優さんを引っ張ってきたんですが。

 そうか。元々は白人の俳優さんがキャスティングされる予定だったんだ...と妙に納得。

 

 1990年代のJohn Lovitz↓

f:id:Miyelo:20210402114241j:plain

  ということは白人黒人コンビで行くつもりだったのかな???と思いきや、相方はDana Carveyという俳優さんが予定されていたとか。

f:id:Miyelo:20210402114833j:plain

  元々は白人の俳優さん2人がキャスティングされる予定だったのかぁと。

  お二人ともSNLのコメディアンの方だったけれどもシナリオを読んでためらったとか。

 シナリオは3ヶ月かけてリライトされたけれども、今度はディズニーが元々の脚本でやりたがったりとなかなか話が進まず、ディズニーからコロンビアに製作会社が代わり、するとJohn Lovitzの元マネージャで、当時コロンビアの幹部だったBarry Josephsonが「黒人の俳優主演でやる」とプッシュ。

 このBarry Josephsonという人はデンゼル先生の「Ricochet」やウェイアンズ兄弟の長男さんがブルース・ウィルスと主演した「The Last Boy Scout」のプロデューサーでもあったことから、「ワイスピ」のニール・モリッツのようにアフロ・アメリカンの人たちの活躍の場を広げるために積極的に動いていた方なんだろうなぁと色々繋がってきてみたり。

 

しかし、これで「Bad Boys」みた時の違和感の原因がわかったのでスッキリです。

マーカスとマイク。 二人のやりとりをみていて、なんでかわからないけれど関東圏にお住いのシナリオライターさんが描いた関西人のドラマを見るようなちょっとした違和感を感じた。

  でもマイケル・ベイ監督が2人にアドリブをどんどんやっていいと推奨したそうなので、「やっぱり気のせいかな?」とよくわかんなかったのもきっとそのせいだなと。

f:id:Miyelo:20210411122147j:plain

 

 あと当時、書いたものの確信がもてなくて結局更新する際に消したのですが、ウィル・スミスが犯人を全力疾走で追いかけるシーンで上着が脱げそうで脱げないというシーンがあって、あまりの不自然ぶりに脱げと言われたのをウィル・スミスが抵抗した結果の妥協案なのかなぁと思ったとこがあったんですが、やっぱりそうだったようで。

 何やら色々スッキリした次第です。

 

参考記事

www.indiewire.com

www.mentalfloss.com