So Be It

見た映画の感想。時にネタバレを含んでいますのでご注意ください。

ハロー、ダディ! (Carbon Copy)

歯に衣着せずに言いたいことをはっきり言ったハートフル・コメディ。 

f:id:Miyelo:20210128161812j:plain

 

 勝ち組ビジネスマンのウォルター・シーガルは社主のネルソン・ロングハートにビジネスマンとしての才能を見込まれて彼の娘ヴィヴィアンと結婚し、出世街道を邁進中だった。

 ただヴィヴィアンとヴィヴィアンの連れ子である娘メリーアンから見下されていることに日々不満を感じているウォルター。

 そんなある日、ロジャー・ポーターという17歳の黒人の少年がウォルターを訪ねてくる。

 ロジャーはウォルターがかつて付き合っていたローレン・ポーターの息子で、ウォルターの息子だという。

 母親が他界したので18 歳の誕生日がきて成人となるまでの2ヶ月間、保護者が必要ということでウォルターを訪ねてきたという話。

 ロジャーが自分とローレンの息子だということは認めたものの父親になるつもりのなかったウォルターは弁護士に対処法を相談するも話しているうちにヴィヴィアンを嫉妬させるのにロジャーの存在を利用しようと考え、家に連れ帰る。

f:id:Miyelo:20210128162037j:plain
 ウォルターはヴィヴィアンに学校を中退した子供たちにセカンドチャンスを与えるボランティアでロジャーを預かることにしたとウォルターは説明する。

「貧しい黒人の少年を助けた親切なクリスチャン」というシチュエーションはヴィヴィアンの自尊心をくすぐり断らないだろうというウォルターの読みはあたり、ヴィヴィアンはロジャーを家に迎えることに同意する。ただし寝泊まりはガレージでという条件付き。

 

 ディナーのとき、ヴィヴィアンがメリーアンにプログラムのことを話し、ロジャーを紹介するとメリーアンはロジャーに「逮捕されたことはある?」と尋ねる。

 ロジャーはKKKに反対するデモ行進で「We Shall Overcome」を歌っていたら警官に警棒で殴られ逮捕されたと話す。

 すると、ヴィヴィアンは「この家に来たからにはデモ行進には参加しないで。それから人前でその歌を歌わないと約束して」とロジャーに念押す。

 メリーアンに悪影響が出ないか心配だからメリーアンの実の父親に相談するというヴィヴィアンにウォルターは憤慨し、ロジャーは自分の息子なんだから自分がメリーアンを受け入れたようにロジャーを受け入れるべきだというと、黒人との間に子供を作るなんて神に背く行為とヴィヴィアンはウォルターを家から追い出し、離婚を迫る。

 会社から与えられていた特権もみぐるみ剥がれ、財産も全てヴィヴィアン名義で自分の所持金は財布にあるだけと弁護士に告げられる。

 ウォルターは誕生日がきて成人するまでは自分が働いてなんとしても生活の面倒はみるがそのあとは別々の道をいくとロジャーに言い渡し、日雇いの仕事に応募し、ようやく仕事を見つけることができたものの慣れない重労働に疲労困憊するウォルター。

f:id:Miyelo:20210128162309j:plain

f:id:Miyelo:20210128162402j:plain

 ワットでロジャーが見つけたボロボロのアパートで暮らすことにした2人だが、そのウォルターをヴィヴィアンとヴィヴィアンの父ネルソンが訪ねてきて、ロジャーを軍に入隊させて、自分が属する世界に戻ってくるよう説得にくる。

 2人が帰ったあと、拳銃を発砲しながら追いかけてくる警官から逃げ帰ってきたロジャー。

 しかしアパートまで追いかけてきた警官にウォルターは咄嗟にロジャーを隠し、自らが囮となって警官を挑発し逃げ出す。

  自分の代わりに逮捕されたウォルターに面会にきたロジャーはウォルターに会いにきた真の目的を告げる。

f:id:Miyelo:20210128162442j:plain

 このロジャーの告白にもうガツンとやられるわけです。

 一度として母親を訪ねてくることのなかった父ウォルター。

 母親のローレンはずっとウォルターを愛し続け、いつかウォルターが戻ってくると信じてウォルターの私物を大切に持ち続けそして死んでしまった。

 ロジャーは父親を、ウォルターをずっと憎んでいた。

 ウォルターが母を傷つけたようにウォルターを傷つけてやろうと考えていた。

 しかしウォルターを傷つけたところで母親がもう幸せになることはない。なぜならもうこの世にはいないから。ロジャーがどんなに望んでも声を聞くことすらできない。

 最初からロジャーはウォルターに何も望んではいなかった。

 自分を庇うために警官に逮捕されたことで

 「あんたは悪い人間じゃない。父親でなかったら友達ぐらいにはなれたかも」と去っていく。「あんたは俺のことを最初から黒人としてしかみていなかったし、母さんのことも黒人としてしかみていなかった」というロジャーの言葉にウォルターはこれまでの自分を深く省みて、そして大きな決断を下す。

 

 黒人セーヴィアというか、黒人の人と触れ合うことで白人の人が良い方向に進むようになるというパターンは、それはそれで黒人の人たちの反感をかってしまう作品傾向であり、これもそのパターンに該当するのかもしれないけれども、それでもこの作品はとてもよかったと思う。

 しっかりとコメディで白人と黒人のものの見方の違いや、その何が問題なのかということをはっきりと見せてくれる。

 「ホワイトボーイのゲームから降りるならお前はもうブラックなんだよ」と舅のネルソンからウォルターが罵られる場面がある。

 背を向けるなら徹底的に追い落とし、破滅させると。  

 人種差別は根底に他種族に対する恐れからくるという話をよく聞くが、恐れているのは本当に自分とは違う人種の人たちのことなんだろうか。

 むしろ同胞を恐れる気持ちの方が大きいのではないかとふと思った。 

f:id:Miyelo:20210128162805j:plain

 ロジャーを演じていたのがデンゼル・ワシントン、当時23歳。

 監督のマイケル・シュルツはロジャーができるアフリカン・アメリカンの若者を探して3ヶ月~4ヶ月かけ、役400~500人ほど面接したそうだがそれでも見つからず、当時演劇界でそのカリスマ性に注目が集まっていたデンゼル・ワシントンの噂を聞き、舞台をみに行って決めたそうだ。

  ちなみにマイケル・シュルツ監督は1964年にブロードウエイで演出家となった3人目のアフリカン・アメリカンで後にTV界に監督として進出。

f:id:Miyelo:20210128165139j:plain

 スパイク・リー監督が登場する前、ハリウッドでコンスタントに仕事をしていたアフリカン・アメリカンの監督はゴードン・パークスとマイケル・シュルツの2人で、その後アフリカン・アメリカンの監督たちが進出できる道を開いた先駆者として知られている。

 

 デンゼル先生はこの頃からデンゼル節炸裂で演技とは思えない自然さで”ロジャー”を表現。なんというかこの頃から安定の演技力。

 ....と書いてふと思い出したのだけれども、デンゼル先生が14歳の時にご両親が離婚していて、デンゼル先生はお母さんと共に暮らしたのだけれど、その頃「両親の離婚」に関して相当腹を立てていて学校で問題行動を起こしがちになっていったという話をどこかで読んだ記憶があるので、ロジャーのウォルターへの怒りはデンゼル先生にとって覚えのある感情だったのかもしれないなと。

 取材せずとも自分のスットックから引き出せる感情でリアルなロジャーを構築していったのかも。

 

 デンゼル先生がこの作品について何か話してないかと探したのだけれど、見つけられたのは、なんでも「Wilma」の撮影時前歯を折ったらしいデンゼル先生。

 「この役を引き受けたらタダで歯を治してくれるっていうから引き受けたんだ」と冗談めかしたコメントだけ。

 歯を折るって「Wilma」でどんな役を演じたのかしらと気になりつつ。

 奥さんと出会った運命的作品でもあるので、次はこれ見なきゃだな。

 

Nelson: You don't want to play the game as a white man, so they're going let you watch it as a black man.

 

Walter: What about your father?

Roger: Oh, Mom never got married. You know it is with us colored folks.

Walter: What kind of thing is that to say about your mother?

Roger: Not marrying didn’t make her lees of a woman. It just made him less of a man. 

Marry Ann: Have you ever been arrested?

Walter: That’s an offensive question.

Roger: Yes, I’ve been busted by the pigs.

Vivian: Roger, in our community, the pigs are known as “police officers.”

Roger: Where I come from, they’re known as...

Walter: Police officers.

Vivian: Why were you arrested, Roger?

Roger: Well, I was walking along in a protest march against the Klan, singing the second verse of “We Shall Overcome,” “Black and white together Black and white together, Black and...”

Walter: We know the song, Roger.

Roger: ...when this man hit me over the head with a lead pipe. Well, I fell down, and he started kicking me, and then the...police officers arrested me.

Vivian: Roger, you must promise to never go on one of those protest marches again, or sing that “Overcome” song again.

Roger: Never?

Vivian: Well, if you feel the urge, you may sing it in the privacy of your room.

 

  

Roger: How about welfare? Lots of black families are on welfare.

Walter: We are not a black family.

Roger: What’s going to become of us?

Walter: I don’t know.

 

Nelson: Come back. Come home to the people you belong with.

Walter: What about Roger?

Nelson: Provisions will be made. A good military academy to strengthen character. A tour of duty overseas.

Walter: And if by chance he survives?

Nelson: In that case, he will be sent adequate funds so he can live comfortably. It will preserve your integrity, your sense of obligation, and most important, the quality of life you’ve worked hard to create.

 

Roger: They’re after me!

Walter: What did you do?

Roger: What did I do? Nothing. I’m just walking. These dudes come up, break a store window, grab some stuff and take off!  Well, the police pulled up, and I started running.

Walter: Innocent people don’t run from the police.

Roger: Maybe no in San Marino.

Walter: They just wanted to ask what happened.

Roger: Yeah? When a cops yells, “Freeze your ass, nigger,” he’s decided what happened.

 

Roger: How you doing, Mr. Charley?

Walter: Not too good, Roger.

Roger: You get points today. Got yourself arrested for me, roughed up...

Walter: Finally started to act like a father?

Roger: Enough so I’ll get off your back. I didn’t want anything from you, Mr. Charley. No adoption, no trust fund. Nothing. I just came out here because every kid wants to see what his dad is like. I didn’t want you to like me because I was your son. I wanted you to respect me because I was Mom’s son. But I looked in your eyes, and you didn’t see Mom. You saw black. And my mom deserved better than that. You owed her more than that. I looked at you in that big office, and I kind of went crazy inside. I said to my self, “This is the man who broke mama’s heart.” The man she spent her whole life loving and waiting for. And she died loving you, Mr. Charley. I think you ought to know that. You walked away from a great lady. There’s no woman in the world could love a man more than she loved you. She would have made you happy, She knew how to make people happy. I wanted to hurt you like you hurt mom. I wanted to insult you so bad until you’d get angry and you’d take a swing at me, then I’d have excuse to punch you out. Isn’t that terrible? A son wanting to hit his own father? I was glad when things went wrong for you. Then I realized no matter how much bad happened to you that couldn’t make any good happen to mama. She’s dead, Mr. Charley. We’ll never see her again, hear her again, touch her again...She deserved a better life. You should have given a better life.

Walter: I should have given her a better life.

Roger: Did you love my mom, Mr. Charley? This is very important. Did you love my mom?

Walter: Yeah, I loved her. I loved her very much.

Roger; Wow. Black and white together. That’s a lot to overcome. Damn. You go back to your family. I got a feeling they’ll be a lot nicer to you now. You’re not a bad guy. I mean if you weren’t my father, we might have been friends.

 

Walter: He was right, Mr. Garvey. I looked at him and I saw black. I didn’t see Lorraine, what she would brought up our son to be. I looked at him and I didn’t see a college student. I saw a high school dropout. I didn’t see a doctor. I saw a short-order cook.

 

 

ウォルターを演じたジョージ・シーガルがのちにインタビューでこの映画について語った箇所を抜粋。

George Segal: An underrated movie, in my view. That was about so many things on so many levels, and Denzel Washington was so good in it, but it was a slightly dangerous subject in its day… and maybe still is. But it deals with a lot of stuff that should be dealt with. And is being dealt with, I hope. That’s one of the heaviest movies I did, Carbon Copy.

f:id:Miyelo:20210128162732j:plain
AVC: At the time you were doing it, did it feel controversial to you?

George Segal: Well, it was a play 10 years before that, with Paul Burke. It was already a decade old, those concepts and everything, by the time it came to us. But it’s still thin-ice territory. It’s still touchy territory. You know, it’s funny: I saw Denzel at Madison Square Garden at a basketball game a few years ago, and the first thing he does is pull out his wallet to show me his son in his football uniform at the university he’s going to. Like any proud father would show his father how his grandson is doing. [Laughs.] So we have a little bit of that relationship going. We’re always very pleased to see each other in a very father/son kind of way. And that’s nice.

 マディソン・スクエア・ガーデンにバスケットの試合を見にいった時に偶然デンゼル先生も会場にいて、まずシーガル氏に財布から大学のフットボールチームのユニフォームをきた息子の写真を取り出して見せたとかで、ますで孫の写真を見せられた感じで面白かったというくだりを読んで、本当のお父さんには息子さんのそういう写真を見せられなかった代わりに劇中で自分のお父さんだった人に見せることができてよかったなと思ったり。

 

私の好み度: ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️/5

🍅: -

www.imdb.com