So Be It

見た映画の感想。時にネタバレを含んでいますのでご注意ください。

ポケットいっぱいの涙 ( Menace II Society )

 言葉を失う強烈さ。

Menace II Society [Blu-ray]

Menace II Society [Blu-ray]

  • メディア: Blu-ray
 

 " Being a black man in America isn't easy. The hunt is on, and you're the prey. All I'm saying is... All I'm saying is... Survive! All right?" 

 

 

にしても....。

作品も言葉を失う強烈さだったけれど、この邦題にも言葉を失った。

なにがどうというのではなくて本気で意味がわからなくて思考停止状態に陥ってしまったのだけど「ポケットいっぱいの涙」ってどーゆーことなのか???

多いのか少ないのか...コンパクトそうだけどな。

どうなんだろうな...(←本気でわからなくて困っている )

 

原題は「Menace II Society」→「Menace to Society」→「社会的脅威」(「Menace II」を「Menace 2」と思い、「Menace 1」から見るべきだよなと探し回ったおばかさんは私です)

 

もとい。

 

サウス・ロサンゼルスの隣の町であるワッツという町で暮らすとある少年の物語。

 

少年の名前はケイン。

お父さんがギャングでお母さんは麻薬中毒。

おかげで幼い頃から家にはギャング関係者がしょっちゅう出入りしていた。

銃や麻薬が当たり前にある環境で育つ。

お父さんが殺されてしまってからは祖父母に引き取られる。

ケインのナレーションで映画は進む。

物語というよりは、ケインの人生の部分部分を切り取ってみていきながら、未来へと時間を辿っていく感じ。

 

ケインはいったって普通の少年だ。

クラスにいれば普通に友達になれそうな感じの。

対してケインの幼じみオードックはかなり過激だ。

暴力に対する禁忌感がゼロ。

トリガー・ハッピーというのとも微妙に違う気がする。

なんというのだろう。

ジュースを飲むような感覚でいたって自然に人を撃つ。

その理由もとんでもなく他愛ない。

メンタルがどうかしているということでもないと思う。

銃に対する危機感や禁忌感が皆無なので、彼にとってスマホをもつのと銃をもつのと対して変わりない感じだ。

オードッグは過激な冗談を言いもするが、ケインや仲間への思いやロイヤリティーも彼なりにある。

ケインとオードッグの幼馴染の一人、シャリフは幼い頃からとても思慮深く、暴力とは無縁で、銃をもつオードッグやケインを諭してやめさせようとしたりする。

ケインには一緒にこの町から出ていこうと誘ったり、この町から抜け出して努力で未来を掴みとろうとしていた。

 

そして唐突に終わりがやってくる。

 

おそらく、これは特別な物語ではなくて当たり前のようにあの町でいやになるほど繰り返されているできごとなのだ。

 

”犯罪に関わるからこういことになる”というのは、本当にそうで、ケインは彼を心配する彼女や祖父母、学校の先生、そして友人のシャリフから、麻薬を売るのではなく、きちんとした職につくか、進学して自分がやりたいと思う道をみつけるべきだと繰り返し諭される。

しかし、ケインは常に「わかっている」、「このままでいいと思っていない」といいながらも、「そんなの無理だ」と決断を先延ばしにしていってしまう。

 

犯罪へのアクセスがあまりにも簡単すぎる環境が問題であるというのなら、その環境はどうすれば改善されるのか。

違法をしたものを片端から逮捕するという方法は、一つのアイデアとして有効だったのは確かだろう。

ところが刑務所から出所したものが、そこから人生を立て直そうとしても社会から拒まれてしまえば、自分がよく知る生計の立て方にもどる確率が高くなり、どこかの町でまた同じようなことを繰り返す原因となってしまうということなのだろう。

それでも生きていかなければならない。

子供を育てていかなくてはならない。

刑務所から出所してそのあとやり直すことに成功している人たちも大勢いるだろう。 しかし、環境が要因となって犯罪が生まれるのであれば、その環境をどうにかすれば数多ある犯罪要因を一つ消すことにならないだろうか。

 

つまるところ所得の問題になってくるのだろうか?

尋常でなくお金持ちの人たちには、少なくとも普通に暮らせるだけのお給料が全員にいきわたらせてから、そのあまりから他の人達よりお金持ちになってもらうわけにはいかないんだろうか?

それとも、そういう問題ではないんだろうか?

こういったことは永遠に解けない問題なんだろうか?

数学上の未解決問題の一つに加えてもらって頭が尋常でなくいい人たちにも考えてもらうわけにはいかないんだろうか?

永遠に解くことが不可能な問題だとすれば、その環境に生まれてしまったら不運だったと諦めるしかないのだろうか?

でも、やっぱり死にたくないし、生きるために、怖い思いをしなくてすむようになるためなら誰だってなんでもするだろう。

こんなことをこうして考える余裕があるだけでも幸運で贅沢で恵まれたことなのだろう。そのことで罪悪感を感じ続けなくてはいけないのだろうか。

それもキツイ話だ。

 

"Ignorance"もある意味自己防衛本能の一種なのだろうなと思う。

 

"Ignorance and incuriosity are two very soft pillows."とはよく言ったものだ。

格言って奥が深い。(←は?)

 

Caine: Went into the store just to get a beer. Came out an accessory to murder and armed robbery. It's funny like that in the hood sometimes. You never knew what was gonna happen, or when. After that I knew it was gonna be a long summer.

 

Grandpapa: Now what I want to talk to you two about is the trouble that you've been getting into. Boys, the Lord didn't put you here to be shooting and killing each other. It's right there in the Bible, Exodus 20:13: '"Thou shall not kill.'

Caine: Grandpa, I ain't never killed nobody.

Grandpapa: Oh, I doubt that. And Kevin, I've heard stories about you. O-Dog: Sir, I don't think God really cares too much about us, or he wouldn't have put us here. I mean, look where we stay at. It's all fucked - It's messed up around here.

 

Caine: My grandpops was always coming at us with that religion, and every time it would go in one ear and out the other.

 

Grandpapa: Caine, do you care whether you live or die?

Caine: I don't know.

 

Caine: For all the bullshit they try to teach you in high school, I graduated with about half of it. But then, I didn't go to school but half the time. The other half, I was out selling dope. Growing up out here, there was shit that couldn't be learned in no classroom.

 

Caine: I seen lotsa people killed before, but I ain't never done it myself. I mean, I never had a reason to. But when they killed my cousin, I knew I was gonna kill them.

 

Caine: I thought killing those fools would make me feel good, but it really didn't make me feel anything. I just knew that I could kill somebody, and if I had to, I could do it again.

 

Caine: See, y'all would've made me shoot your stupid ass over nothing. Car-jack Victim: Hey, come on, man, we supposed to be brothers.

Caine: Oh what, you trying to get smart?

Pernell:  It's been a long time, Caine. How you doin', man? How come you never come see me?

Caine:  Man, I don't want to see you all caged up like some animal. Pernell: Is that what you think? I'm a animal?

Caine: Nah... When I was growin' up... you was like my dad, man.

Pernell: Your letters... in the beginning... it got me through, young bra. Away from my girl, away from my baby, away from you. Go with Ronnie, Caine.

Caine: Man, I ain't... it ain't even ...

Pernell: I know the way she feels about you and that's cool. She's a good girl... you know? And take care of my son. I can't do shit for him in here. You teach him better than I taught you, man. Teach him the way we grew up was bullshit. A'ight?

Pernell: Gimmie some.

 

Mr. Butler: So what are you gonna do, Kaydee? You gonna fuck around out there in the streets till you get killed, like your cousin maybe?

Caine: What's that, Sir?

Mr. Butler: Well, Sharif tells me him and Stacy have been tryin to get you to leave with them.

Caine: Yeah, but...I don't know about no Kansas.

Mr. Butler: Yeah, Yeah. I hear you there, you know? I was teasin' Sharif about that before you came in, But what are you gonna do if you stay? You know Sharif used to get into all kinds of shit...Before he found the Nation. Now I'm no Muslim, but I agree with some of the things they say regarding black people, and if Allah helps to make him a better man than Jesus can, then I'm all for it.

Caine: So what you tryin' to say, Mr. Butler?

Mr. Butler: Whatever changes you have to make, then you just do it. You got to think about your life. Being a black man in America isn't easy. The hunt is on, and you're the prey. All I'm saying is... All I'm saying is... Survive! All right?

 

Caine : After stomping Ilena's cousin like that, I knew I was gonna have to deal with that fool someday. Damn. I never thought he'd come back like this, blasting. Like I said, it was funny like that in the hood sometimes. I mean, you never knew what was gonna happen, or when. I'd done too much to turn back, and I'd done too much to go on. I guess in the end it all catches up with you. My grandpa asked me one time if I care whether I live or die. Yeah, I do. Now it's too late.

 

 

追記: もしかしたら、「青いドレスの女 (Devil in a Blue Dress)」でデンゼル先生演じる主人公が暮らしていたのはワッツだったのかな?

 

日本公開時の予告

 

エンディングに流れるこの曲でまた撃ち抜かれるわけですよ。

 

Somebody help me, but nah they don't hear me though

I guess I'll be another victim of the ghetto  

私の好み度: ⭐️⭐️⭐️⭐️/5

🍅: 84%

www.rottentomatoes.com