So Be It

映画の観方と楽しみ方を勉強中。ネタバレを含んでいますのでご注意ください

Milwaukee / Almost Anything

Born to be old.

f:id:Miyelo:20200614143447j:plain

Maybe there is no better?

 

 

 既婚の方ならもっと沁みるのかな?


 幼馴染の友人と週末を集まってすごすことにしたサムはこの機会にイザベラにサプライズでプロポーズしようとしていたが、イザベラが先に指輪に気がついてしまう。プロポーズを受けたイザベラ。集まった友人たちは二人を祝し、ひょんなことからみんなで「バーニング・マン」イベントをやろうと盛りあがる。

 

 幼馴染とその連れ合い、イザベラ、クリス、グレタの女3人と、サム、ウィル、ジェイ、ケレブの男4人。グレタとウィルは夫婦。クリスとケレブは付き合って2ヶ月ほどの恋人同士。ジェイは実はイザベラにずっと片思いしていて、ウィルとクリスはすごく気が合っていて、クリスはウィルのことを想っているのだけど、ウィルにとってはクリスは友人以上ではない。ケレブはグレタ、イザベラともウマが合う。グレタとウィルは関係がどうにもぎこちない。サムはイザベラ一筋でイザベラ以外の女性とはつきあったことがない。イザベラはバイセクシャルで実はクリスのことも好き。

 

 こんな感じのアラサーの男女が「バーニング・マン」もどきを実行し、本音が抑えられなくなったり、自分でも気がつかなかった本音にきがついたり。 結果的にサムとイザベラはそれでも結婚することをえらぶが、グレタとウィルはお互い相手を憎むようになりたくないから、まだ相手なことを好きな気持ちがあるうちに離婚する決心をする。

 

 主人公のサムは親のしつけが厳しかったのか、束縛がつよいのか、自分の部屋以外におもちゃを持ち出すことを禁じられていたらしく、深夜に両親の目を盗んで、他の部屋におもちゃを持ち込むということをくりかえしていたらしい。

 

 なんというか、サムの生い立ちが一番恐ろしく気になったがものの、どのキャラに関してもとくにバックグラウンドに深入りするわけではないので、なんとなくこうなのかなぁ???と会話から推察する感じで。

 

 結婚や結婚してもやっぱり好きな人ができる気持ちはおさえられないとかそういう感じの話をメインに動いている感じだったので、異性関係、同性関係、婚姻関係、友達関係とはなんぞや的な話だったよーにも思えたものの、ラストがサムの子供の頃のおもちゃが応接間のテーブルに並べてあるショットだったので、なにやら頭の中ががっちゃんこおこしてしまったというか。

  ん? サムがルールに縛られなくなる話のつもりだったのか???

 16歳からつきあっていたイザベラさんにプロポーズしたら、「バーニング・マン」ごっこでイザベラはジェイと関係をもち、クリスに自分がバイであると告白してキスをし、ケレブともいい感じになって刺青をいれてあげたりと。

 で、イザベラとしかつきあったことがないと言い続けるサムをイザベラは絶対にこれまで他の女の人とつきあったことがあるはずだと責めるも、サムがイザベラしか見てこなかったことはどうやら事実のようで。ジェイと関係をもったイザベラに腹をたてるもサムは奔放にふるまうイザベラも好きだからと二人はめでたく結婚する。

 サムはルールや常識に縛られなくなったってことなのかな??

 だから最後におもちゃを応接間のテーブルに並べていった???

 いやいや....というか、サムがなんだかホラー味ありすぎて。

 ジェイとイザベラが関係をもったとわかった後、一人部屋にこもってフイギュアをガシガシとぶつけ合ったりして。

 サムとフィギュアの関係をとっても意味深にうつしておいて、その説明が「親から他の部屋におもちゃを持ち込むことを許してもらえなかった」だけっていうのは...。

あそこは結婚しない方がよかったんじゃないかという不安感しか残らなかったり。

 

 むむん。

 

f:id:Miyelo:20200614143630j:plain

私の好み度: ⭐️/5

🍅: ---