So Be It

ネタバレを含んでいますのでご注意ください

「ワイルド・スピード」シリーズ 第9作目 : 「F9 The Fast Saga 」- Sneak Peak

「ワイルド・スピード」シリーズの9作目「F9 The Fast Saga」の予告解禁前のSneak Peakが公開されました。

f:id:Miyelo:20200129114310j:plain

 

タイトルは「Furious 9」ではなくて「F9 The Fast Saga」なのかな?

これまでのザックリ定義だと「Furious」はドミニク、「Fast」はブライアンを示す感じだったのでちょっと興味深いです。

 
 
 
View this post on Instagram

Ready!!!!!!!! Fast9 trailer coming Friday!

A post shared by TYRESE (@tyrese) on

ドミニクの 息子に「ブライアン」とつけてくれたことでドミニクが「ブライアン」の名前を口にしてくれるというのは思いの外嬉しいものだなぁと。くるくる天然パーマなのもちょっとブライアンっぽくて可愛い。

あの赤ん坊が大きくなっているので、ドミニクも荒っぽいことは卒業してて農園を営みつつレティと静かに暮らしているという感じでしょうか。

で、何かドミニクが戦わねばならないことが起こるんでしょう(そりゃそうだ)。

「10」は子供達が成長して映画の中心になる感じでしめくくるのかなぁと予測しているので、今回はドミニクの最後の戦いということになりそうなんだろうなぁと。

”ブライアン・オコナー”は劇中ではたぶん既に亡くなっているという扱いで描かれるのではないかと。病死か誰かを助けようとして(溺れそうな子とか火事か災害救助かなにかで)な感じになっているのではなかろうかと。

で、ドミニクの子供ブライアンとブライアンとミアの子供(ん?名前なんだったかな??)がメインで「10」な感じ。

 

あくまでも推測です。

でも"叙事詩"って最終的に後生で語り継がれる形態になって完成だと思うので。

まぁ全然違う可能性の方がはるかに高いですが。

 

 プロモーション活動はまたポールのことを思い出してちょっと感傷的になったりして辛くなったりするんだろうなぁなんて思っていたところでのコービー・ブライアンの悲報。41歳。最初に悲報を知った時、ニュースの正誤を確認しようと彼のTwitterアカウントを見に行ったら彼の最後のツィートからまだ23時間しか経過していなくて、名前ぐらいしか知らない私でも十分にショックでした。

 案の定といってはなんですがインスタでのタイリースの取り乱しぶりがすごかったので、しかも事故は結構彼の家の近くで起こったことらしく。ポールとジョン・シングルトン監督を失った悲しみをどうにか信仰によって乗り越えたのに神様この仕打ちは...というようなことを書いていたのでちょっと心配しましたが、落ち着きを取り戻しつつあるようなのでよかったなぁと。

「9」と「10」では「親しい人を失った時の喪失感とそれを抱えて前に進んで行く」的なことも描くつもりなんじゃないかなぁと推測しているのですが。

 まぁ、全然違うものを描くかもしれませんが。

 

追記 (2020年2月8日) コービー・ブライアント氏の事故のショックで余計に感情が抑えられなくなったのだと思いますが、撮影中もポールのことを思い出してはたまらない気持ちになるというの繰り返しながらだったんだろうなと。

 プロモ中、インタビューできかれることは覚悟していただろうけれど、それでもどこまで耐えられるかなんて誰にもわからない。毎回心臓が切り裂かれるような思いを味わうことを覚悟しなければとても戻れなかったに違いないけれど。だからといって逃げ出して中途半端に映画を埋もれさせてしまうことも耐えられない選択で。

 「ポールのため」と皆が繰り返していうのは自分を奮い立たせるための呪文なんだと思う。でなければ、戻りたくなかったんじゃないかな。塞がりかかった傷に塩を塗り込むような行為でもあるだろうし。それでも一緒なら他愛のない思いで話もできるだろうし、辛い気持ちもこのメンバーが一番わかることだから。

 

 ヴィン兄ちゃんがんばれ!