So Be It

見た映画の感想。ネタバレを含んでいますのでご注意ください。

Supernatural Season 12 Episode 23 -All Along the Watchtower

ウィンチェスター兄弟なす術なし...。

 

f:id:Miyelo:20190703121421j:plain

Carry On Wayward Son

Carry On Wayward Son

  • カンサス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

だったような。

ルシファーのお子さんが誕生し、ディーンの大好きな人たちがいっぺんにいなくなってしまいました。

メアリーは、あっちの世界でボビーと合流するかな。

キャスがルシファーに刺された時はクラウリーの犠牲が無駄になったのかとショックを受けかけたけど、一応封じられたようなのでよかった...。

けど、キャス...またもやディーンを泣かすためだけに殺されたな。

 ルシファーのお子さんウィンチェスター兄弟が面倒みることになるのかな。

 何かあまりにも色んなことが起こりすぎて驚く暇もなかった...ゾ...。

 

📝

SAM: So why are you here?

CROWLEY: Well, whenever there's a world-ending crisis at hand, I know where to place my bets. It's on you, you big, beautiful, lumbering piles of flannel. So if you'll forgive my transgression, I'll make it worth your while.

DEAN: Which means?

CROWLEY: After we put Lucifer back in his cage– together– I'll seal the gates of Hell. You'll never see another demon again, apart from, of course, yours truly.

MARY: You would do that?

CROWLEY: Why not? They stab me in the back, I'll happily stab them in the front, the sides, and right up their little black-eyed asses. So... we have a deal?

 

 CROWLEY: This is what you do when I'm not here? Type?

 DEAN: Yep.

 

CASTIEL: Are you all right?

DEAN: No, Cas. Pretty far from all right. I mean, we've got Lucifer on this side, we've got Mad Max World on that side. I mean, yeah, we've been down before, but this? I-I mean, I don't even know where to start.

 DEAN: Oh, come on!

 

f:id:Miyelo:20190703121603j:plain

CROWLEY: Hello, boys. Again.

SAM: Wait a second, how the hell did you –

CROWLEY: I improvised. Lucky I did. Turns out I'm the answer to all your problems.

  

SAM: That's the last of it. That's everything.

CROWLEY: No, it's not.

HOME: What?

CROWLEY: If we wanna seal that rip, we need one more minor ingredient.

SAM: What?

CROWLEY:  A life.

 

LUCIFER: You mean...this one? Come on, Crowley. You know whatever you try, you're gonna lose.

CROWLEY: You're right. Bye, boys

f:id:Miyelo:20190703121816j:plain

クラウリーはウィンチェスター兄弟のために命を捨ててくれた。

悪魔だったクラウリー。執着心の塊であるからこそ悪魔たり得たはず。

ディーンとサムとキャスと出会い、いろんなことがあって。サムに人間の血を注射されたせいもあったのかもしれないけれど、やっぱりディーンとの交流が与えた影響が大きかったのだろうと思う。最初は敵で憎しみの対象でしかなかったクロウリー相手にディーンが徐々に心を開くようになって、友情らしきものを感じるようになった。

ディーンの信頼を勝ち取るのは簡単なことではない。クラウリーが悪魔でなくなることも簡単なことではない。

地獄の王を悪魔でいられなくさせたことはウィンチェスター兄弟の大勝利だし、クラウリーへの救済にもつながったのではないかと思う。

クラウリーは悔いなく逝った。ウィンチェスター兄弟のために。ディーンのために。

撮影スケジュールを思えば、ウィンチェスター兄弟のいないシーンをつくるシーンがあるので、クラウリーのシーンがルシファーとのシーンに比重が大きくなるこのは仕方ないのだけれど、クラウリーが登場する最終シーズンだったのなら、もうちょっとクラウリーとウィンチェスター兄弟のシーンをみたかったきがする。